健康診断の数値で黄色信号の人へ、肝臓に優しい飲み方の秘訣

健康診断の数値で黄色信号の人へ、肝臓に優しい飲み方の秘訣

(iStock)

お酒を飲むときのダイエットポイントおつまみは脂質の少ないものを選ぶ。締めのラーメンはやめて、焼きおにぎりなどに。夜中の12時前には切り上げる。■アスリートもビジネスマンも“体が資本”

 アスリートは常にベストな体調を維持していなければいけません。体調不良で1日でも練習に出られないと、それだけでポジションが危うくなる世界にいるのですから、当然といえば当然のことですが、心身ともに決して楽ではありません。

 それだけに、アスリートは意識して体にいいものを食べ、体にいいといわれる情報は貪欲に取り入れます。しばしばアスリートから栄養相談を受けますが、みんな、とにかくよく話を聞きますし、「何食ったら疲れが取れますか?」「どうしたら体脂肪減りますか」などと聞いてきます。

 ビジネスマンの方も決して楽な仕事をしているわけではありませんが、健康診断の数値が悪くて私のところに栄養相談に来るビジネスマンのなかには、会社から指示されたので渋々来ましたという感じで、黄色信号が点滅しているというのに、自分の体と向き合うことに積極的ではない方が少なからず見受けられます。

 アスリートとは相談の目的が違うから仕方ないのかもしれませんが、どちらも“体が資本”であることに変わりはないと思うのですが……。

 ただ、アスリートの場合で私が「ウーン、こればかりは仕方ない」と諦めるのはお酒の飲み方です。

 個人差があるとはいえ、多くのアスリートは体力があるせいか飲みっぷりが豪快です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)