ブリューゲルの傑作とネーデルラント美術

ブリューゲルの傑作とネーデルラント美術

ピーテル・ブリューゲル1世 《バベルの塔》 1568年頃 油彩、板 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

 天まで届く塔を建てようとした人々が神の怒りに触れる─。旧約聖書の「創世記」に記されたバベルの塔の物語は広く知られ、画題として好まれて描かれてきた。その中でも最高傑作に挙げられるピーテル・ブリューゲル1世の「バベルの塔」をはじめ、16世紀のネーデルラント美術に焦点を当てた展覧会が開催される。

 展示のハイライトとなる「バベルの塔」は、地平線を望む風景の前面に高くそびえる巨大な塔を配した構図の壮大さが目を引く。一方で、画中には塔の建設に従事する作業員など1400人といわれる人物が描きこまれており、その細密描写にも驚かされる。

 もう一つの見どころが、奇想天外な着想で後世の画家に多大な影響を与えた、ヒエロニムス・ボスの作品群だ。現存する真筆の油彩画は約25点といわれ、その数少ない中から「放浪者(行商人)」と「聖クリストフォロス」の2点が初来日を果たす。

 また、ボスの画風をまねた版画や絵画の名作も見逃せない。ブリューゲルの版画作品の代表作「大きな魚は小さな魚を食う」にも、足の生えた魚や空を飛ぶ魚など、ボスのスタイルを模した謎めいたモチーフが描かれており、ネーデルラント美術の奥深い魅力に出会える。

1

関連記事(外部サイト)