米イージス艦衝突事故が日本の安全保障にもたらす影響

米イージス艦衝突事故が日本の安全保障にもたらす影響

衝突で右舷部分が損傷したフィッツジェラルド(写真:ロイター/アフロ)

 6月17日午前1時半ごろ、静岡県の伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とフィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル」が衝突した。イージス艦は右舷側、コンテナ船は船首左側がそれぞれ損傷した。イージス艦の艦長を含めた3人が負傷し、行方不明になっていた乗組員7人については全員の死亡が確認された。衝突でイージス艦の船底付近に4メートルの穴が開き、一気に浸水した居住スペースに7人は取り残された。

 イージス艦といえば屈強なイメージがあるが、実際は機動力を重視し、艦の装甲は軽くなっている。特に今回はイージス艦が8000トン、コンテナ船が3万トンと3倍以上の重量差があり、またコンテナ船の球状船首と呼ばれる固い部分がイージス艦の比較的弱い船腹部分に衝突したため、イージス艦に大きな損傷が出たと考えられる。

 また、イージス艦のフェイズドアレイレーダーは高性能であるが、経空脅威に対応するためのものであり、航行に関してはイージス艦も普通の船と同様のレーダーと当直員による目視に頼っている。今回は事故発生が真夜中であったが、夜間に船は右舷に緑、左舷に赤、船尾に白の灯火を掲げるため、当直員は相手の船のライトを見てその船がどのような状況にあるのか判断しなければならない(http://www.mlit.go.jp/jmat/monoshiri/houki/houkinyumon/yorutouka.htm)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)