サンダース旋風の今

 昨年は全米に旋風を巻き起こしたバーニー・サンダース上院議員。このところはやや話題に上らなくなっているが、サンダース流改革を諦めたわけではない。今年6月には「サンダース・インスティチュート」を設立、非営利の教育団体としてウェブを通して国民の「真の民主主義に向けた」啓蒙活動を行う、という。

 中心人物はサンダース夫人でもあるジェーン・オメイラ・サンダース氏で、創立当初の布陣にはカリフォルニア大バークレー校教授のロバート・レイヒ氏、元オハイオ州議員のニナ・ターナー氏、アーティストで政治活動家でもあるハリー・ベラフォンテ氏、国連アドバイザーで大学教授でもあるジェフリー・サックス氏、プリンストン大学教授コーネル・ウエスト氏、タルシ・ガバード下院議員、環境運動家のビル・マッキベン氏、俳優で人権運動家のダニー・グローバー氏、投資家のベン・ジェローズ氏、ミズーリ大学教授ステファニー・ケルトン氏が名を連ねる。

 今後の活動だが、ウェブ上でこれらの人々がそれぞれの専門に応じた意見を発表する、講演活動を行う、などが予定される。インスティチュートで扱う議題としては「経済、経済の公平性」「健康保険」「人種間の平等」「環境保護、地球温暖化対策」「教育」「政府と民主主義」「退役軍人への対応」「社会的平等」「環境に優しい経済発展のあり方」「刑法」「対外政策」などが挙げられている。

 インスティチュートと言いながら現時点では大学のような講義形式、あるいは小池氏の未来塾のような私塾制度でもない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)