トランプ大統領がついた嘘はこれからどうなるのか?

トランプ大統領がついた嘘はこれからどうなるのか?

(mars58/iStock)

 今回のテーマは「トランプの100のウソ」です。米ニューヨーク・タイムズ紙(2017年6月25日付)は、ドナルド・トランプ米大統領が同年1月20日の大統領就任式から6月21日までの153日間に、ツイッターに投稿した内容を調査しました。その結果、100個にものぼる「ウソ」を発見したのです。本稿では、同紙が掲載した100個のウソを分類した上で、トランプ大統領の狙いと今後の課題について考えます。

■手柄のウソ

 トランプ大統領の100個のウソにはある傾向が存在します。同大統領のウソは、主として手柄(19回)、オバマ前大統領(12回)、メディア(10回)及び、数字(7回)に4分類できます(図表)。まず、手柄からみていきましょう。

 4月28日、トランプ大統領はF−35戦闘機について「私は交渉に携わることで7億2500万ドル以上を削減した」とツイッターに投稿しました。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、実際は同大統領就任前に、ほとんどの削減が決まっていたのです。トランプ政権前から見積もられていたのにもかかわらず、翌日29日にもF−35戦闘機に関して「私が交渉をして値下げをした」と書き込んでいます。同大統領は「自分がやった」というメッセージを発信して、手柄を自分のものにするのです。

■オバマを巡るウソ

 次に、オバマ前大統領を巡るウソについて説明します。1月25日、トランプ大統領はオバマ大統領(当時)が地元のシカゴで演説を行った時、2人が銃撃でなくなったとツイッターに投稿しています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)