イーロン・マスクのトンネル掘削会社を興した理由

イーロン・マスクのトンネル掘削会社を興した理由

(iStock)

 テスラ、スペースXのCEOでありソーラーパネル設置のソーラー・シティ、バッテリー製造のメガファクトリー、そしてオープンソースでAI構築を目指すオープンAI、脳に埋め込むデバイスを開発するニューラリンクなど、様々な事業を展開するイーロン・マスク氏。最も最近に開設した会社は2016年末の「ボーリングCO」というトンネル削岩会社だ。

 従来の3倍以上の速さでトンネルを実現できる、とする同社は、今年2月からスペースXの駐車場部分で試験的掘削を始め、7月にはテスト運用部分が完成した、とマスク氏自身がツイッターで発表した。

 マスク氏がトンネル構想を発表したのは「ロサンゼルス周辺の渋滞にうんざりしたから」だと語る。マスク氏の自宅はビバリーヒルズの隣で超高級住宅地として有名なベルエア地区にある。ここからスペースXに向かうには「世界最大の駐車場」とまで揶揄されるフリーウェイ405を通る必要がある。途中にロサンゼルス空港があるため、常に混雑しているフリーウェイだ。

 マスク氏は「渋滞により奪われる時間でどれだけのことが出来るか。この問題は早急に解決する必要がある」と常々語っていた。ボーリングCOではまず最初のトンネルを空港からウエスト・ロサンゼルス、そしてUCLAのあるウエストウッドまで開設させたい、という。ウエストウッドからベルエアまでは目と鼻の先だ。通常のドライブでは45分近くかかるが、トンネルを使えば5分、というのがマスク氏の主張。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)