トランプ・ジュニアの失点が招くこととは?

 今回のテーマは「墓穴を掘ったトランプ・ジュニア」です。トランプ大統領は、2016年米大統領選挙におけるトランプ陣営とロシア政府による共謀の疑惑打ち消しを図っています。その最中、米ニューヨーク・タイムズ紙はドナルド・トランプ・ジュニア氏が、同年6月9日にニューヨークのトランプタワーでロシア人女性弁護士ナタリア・べセルニツカヤ氏と面会をしていたと報じました。ジュニア氏はそれを認めています。本稿では、ジュニア氏のダメージコントロールの効果性、FOXニュースの擁護論及びロシア政府の意図について考察します。

■ジュニアのダメージコントロール失敗

 米メディアは、面会の席に少なくとも8人が出席していたと報道しています。ジュニア・べセルニツカヤ両氏に加えて現時点で、ポール・マナフォート選対議長(当時)、トランプ大統領の娘婿ジャレッド・クシュナー氏(現・大統領上級顧問)、ロビイスト兼ロシア軍元工作員リナット・アフメトシン氏、仲介人で音楽プロモーターロブ・ゴールドストーン氏及び通訳が同席していたことが明らかになっています。8人目の出席者は、トランプ大統領と関係のあるロシアの不動産会社副社長であると言われています。

 面会を仲介したゴールドストーン氏は、トランプ大統領のライバルであったクリントン元国務長官に不利になる高度な機密情報を持っているとジュニア氏に話をもちかけ、「ロシア政府のトランプ大統領支援の一環である」と語っています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)