ロシアにただで譲歩したトランプ、シリア反政府穏健派への支援を終了

 トランプ政権がシリアの反政府穏健派を支援する米中央情報局(CIA)の秘密作戦の終了を決めたことが米メディアの報道で明らかになっているが、これには「ロシアにただで譲歩した」(米元当局者)との批判が強い。穏健派を見捨てた代償は意外に大きく、ロシアの影響力拡大を許すことになるのは確実だ。

■プーチンとの追加会談の意味

 シリアの武装組織への米国の支援は2つのルートで行われてきた。1つはアサド政権に対して内戦を挑んでいる自由シリア軍など反政府穏健派へのCIAによる秘密援助。もう1つは、ISの事実上の首都ラッカの解放を目指すクルド人とアラブ人の「シリア民主軍」(SDF)への国防総省による援助だ。

 今回打ち切られたCIAの秘密作戦は2013年、オバマ前政権がアサド政権を打倒ないしは、アサド大統領に退陣を迫るために開始した支援だった。内容は「シリア自由軍」など穏健派に武器を供与し、訓練することが中心で、ヨルダンやトルコなどで訓練し、戦場に戦闘員を送り込んだ。

 しかし、2015年にロシアがシリアに軍事介入し、過激派を掃討するという名目で、実際には反政府勢力を攻撃したことから、一時は優位に立っていた同勢力が劣勢に追い込まれた。同勢力は米国に対して、携行用の対空ミサイルの供与を強く要求したが、かなえられず、北部アレッポの敗北により大きく弱体化した。

 トランプ大統領は選挙期間中から「他国の政権を変えるようなことには反対」などとして、反政府勢力を支援するオバマ政権を非難し、シリア内戦には関わらないとの方針を示してきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)