うつ病は日本でどのように広まってきたのか

うつ病は日本でどのように広まってきたのか

『うつの医療人類学』(北中淳子、日本評論社)

 96年には、約43万人だったうつ病などの気分障害の患者は、2008年には約104万人と2倍以上に増加(厚生労働省の患者調査より)。その間に「うつは心の風邪」といったキャンペーンのもと、精神科や心療内科のイメージは一新し、誰もが過労などのストレスにより、うつ病を発症する、といった認識が広がった。なぜこの約10年間で2倍もうつ病患者が増えたのか。日本や北米におけるうつ病の変遷や、うつ病患者がこれほど増えた要因、ストレスチェック制度などについて『うつの医療人類学』(日本評論社)などの著作がある、医療人類学を専門とする北中淳子・慶應義塾大学文学部教授に聞いた。

――現在、日本ではうつ病に関し、「ストレスによる病」との認識が広がっているように思います。北中先生が大学院時代を過ごした北米と日本では、うつ病をはじめとする精神病についての捉え方にどのような違いがあるのでしょうか?

北中:精神医学では、「こころの病」に着目する精神療法的な見方と、バイオロジカルな「精神病は脳の疾患・化学物質による変調」とする見方の2つに大きくわけられます。

 日本では、歴史的にバイオロジカルな立場が主流でした。日本の精神医学の父と言われる呉秀三は、ドイツの精神科医で、バイオロジカルな立場を取るエミール・クレペリンのもとで学び、帰国後、ドイツ神経科学的精神医学を日本のアカデミアでも確立させた。そうした経緯があり、日本ではバイオロジカルな理論、つまり「精神病は脳の病気だ」というドイツ精神医学の伝統を受け継ぎ、「内因性うつ病」を重視してきました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)