「慰安婦問題」に代わる「強制連行」という新たなカード

■初日97万人動員という好発進はしたものの……

 7月26日、日韓両国で関心を集めている映画『軍艦島』が公開された。前作『ベテラン』で1300万人の観客を動員したリュ・スンワン監督のもとに、ファン・ジョンミン、ソ・ジソプ、ソン・ジュンギ等、今最も人気のある俳優陣が集結、さらには韓国音楽、映画界に最も大きな影響力を持つ会社CJエンターテイメントが投資をした映画であることから製作段階から話題となっていた映画だ。

 この映画が日本から注目を集める理由は映画の舞台が長崎県に位置する小さな島「端島」を背景にしているという点だ。19世紀から炭鉱開発が始められ、近代的なコンクリート製の集団住宅が建設されたことで有名な端島は2015年ユネスコ世界文化遺産に登録され、海外にもその名を知られるところとなった。日本の立場でみると、新たな観光資源を一つ確保したことになる。

 だが韓国では、日本が端島をユネスコ世界文化遺産として申請した時から反発が始まっていた。韓国は端島を「強制連行された朝鮮人労働者たちが酷使された地獄の島」として認識しているためだ。日本が世界文化遺産に申請した時から韓国のTVや新聞等では強制連行や酷使があったことを繰り返し伝えてきたため、今韓国の大部分の国民たちはそう認識している。「過去に存在した一般的な炭鉱村」と認識する日本と、「悲劇の現場」と認識する韓国。そこでの生活を描いたという映画が論争の火種になることは必然であった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)