最大の不安要因はトランプ氏本人“使い捨て”にされた広報部長

 ホワイトハウスの前首席補佐官の更迭に一役買ったスカラムチ広報部長が今度は就任したばかりのケリー首席補佐官に事実上解任された。トランプ大統領に”使い捨て”にされた格好だが、これで政権の混乱が収拾するかは全く不明。今後の最大の不安定要因は衝動的な発言を繰り返すトランプ氏本人だ。

■大将の規律と豪腕

 ケリー氏は7月31日、首席補佐官に就任した直後から規律に厳しい海兵隊大将らしい豪腕を発揮した。スカラムチ広報部長を自分の執務室に呼び出して辞任を迫った。事実上の解任通告だ。トランプ大統領から了承を得た上での行動だったが、「新首席補佐官は政権運営で大統領から全権を委ねられている」(サンダース報道官)ことを如実に示すことになった。

 投資家のスカラムチ氏はわずか10日前にトランプ氏から広報部長に任命されたばかり。大統領の意を受けて、プリーバス前首席補佐官を非難して辞任に追い込んだものの、そのあまりに過激で、下品な言動は評判が悪かった。

 当初こそ、スカラムチ氏を支持していたトランプ大統領も途中から眉をひそめるようになり、ケリー氏の解任提案に賛同せざるを得なかったようだ。プリーバス氏を辞めさせたことでその任務が終わり、“使い捨て”にされたと言っていい。

 米メディアによると、ケリー氏は就任後に大統領と2人だけで会談。大統領に対し、ホワイトハウスの人事や情報の流れの管理、大統領執務室へのアクセス権など本来首席補佐官が持つべき権限を与えるよう求め、了承を得た。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)