ヒマラヤで睨みあうインドと中国

ヒマラヤで睨みあうインドと中国

(iStock.com/Gewoldi/ballykdy/bennymarty/GlobalP/ma_rish)

 ロンドンのキングス・カレッジのハーシュ・パント教授が、7月5日付のウォールストリート・ジャーナル紙で、中印がヒマラヤ国境で対決し緊張が高まっていることを紹介しています。論説の要旨は、次の通りです。

 インドと中国はヒマラヤで睨みあっている。両国の陸軍部隊がインド、中国、ブータンの3か国が接するところで6月16日以来、作戦行動を行っている。

 人民解放軍がドクラム高原のブータン軍陣地に向けて道路を建設しようとしてこの対決が始まった。ブータンが抗議し、2日後インドが中国に建設中止を求めた。衝突が起き、中国側はインド軍の一時的な掩蔽濠を壊したようである。

 過去と異なり、中国は自らをインドの侵略の犠牲者と描き出し、その抗議の調子は攻撃的である。インドに1962年の戦争の教訓を学べと言っている。インド側は「今のインドは1962年のインドにあらず」と反論している。

 インドは中国の道路建設は深刻な安全保障上の意味を持つ「現状の変更」であると述べ、ブータンも「原状回復」を求めている。中国が小さなブータンをいじめている。ブータンはインドの支援を受け、中国と言う巨人に対抗している。ブータンはインドと特殊な関係にある。2007年の友好条約で、両国は「国益に関する問題で緊密に」協力し、「お互いに自分の領土を、国の安全保障や利益に有害な活動に使わせない」と約束している。

 インドにとり、同盟国のために立ち上がることは重要である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)