「コンテンツのアリババ」目指す訪日旅行ベンチャー

「コンテンツのアリババ」目指す訪日旅行ベンチャー

(Ivary/iStock)

 「アリババは中国と世界をモノでつなぐプラットフォームじゃないですか。我々が考えているのは、日本と中国をモノではなくコンテンツでつなぐということ。アリババのコンテンツバージョンをやりたいと考えています」

 こう語るのはゴージャパン(東京都渋谷区)の劉?社長(34)。同社は訪日旅行(インバウンド)に特化した中国人向けアプリ「GoJapan(去日本)」を2015年にリリースした。アプリは120万人超がダウンロードし、中国のAppStoreの日本関連アプリのランキングで1位に入っている。日本でのアクティブユーザー、つまり訪日時にアプリを使う旅行者は毎月5万人以上で、月平均50万回以上起動されている。

 アリババは言わずと知れたeコマースの巨人。それに対し、劉社長は日中間で多様なコンテンツを提供するメディアを立ち上げ「コンテンツのアリババ」を目指すというのだ。

 劉社長は1990年に来日し、小中学校と大学を日本で卒業。日本の広告代理店での勤務経験もある。2014年に日本に特化したコンテンツ重視のプラットフォームをつくり、ユーザーとサービス提供者をつなぎたいと思い立ち、日本のエンジェル投資家に相談を持ちかけたところ、即座に「出資してもいい」との答えが返ってきた。

 その後とんとん拍子で話がまとまり、日本旅行のガイドブック著者などを共同創業メンバーに迎え、15年11月に創業。日中を跨いだメディアネットワークの形成を将来的な目標に掲げつつ、まず着手したのがインバウンド向けアプリの提供だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)