トランプの「リセットボタン」の意味

 今回のテーマは「トランプのリセットボタン」です。ドナルド・トランプ米大統領は、就任後6カ月を経過した段階で報道官、大統領首席補佐官及び広報部長といったホワイトハウスの主要ポストを入れ替えて、リセットボタンを押しました。中でも注目点は、議会対策で結果を出せなかった共和党主流派ラインス・プリーバス氏に見切りをつけ、まったく異なったタイプのジョン・ケリー国土安全保障長官を大統領首席補佐官に起用したことです。ケリー氏は元海兵隊将軍です。

 本稿では、「なぜプリーバス氏は大統領首席補佐官として成功を収めることができなかったのか」「ケリー氏はホワイトハウスに規律の回復をもたらすことができるのか」「トランプ大統領はトランプ陣営とロシア政府の共謀疑惑に対してもリセットボタンを押すのか」について考えてみます。

■ゲートキーパー(門番)の役割

 一般に大統領首席補佐官の役割は、ゲートキーパーだと言われます。ゲートキーパーは、主として「大統領と誰を面会させるのか」並びに「どのアジェンダを優先的に大統領に上げるのか」等の意思決定を行います。一言で言えば、「人と情報のフィルター役」です。「人と情報の流れの管理者」とも言えます。大統領職における責務を果たすには、効果的な大統領首席補佐官が不可欠です。

 ではプリーバス氏は、なぜ大統領首席補佐官として効果的ではなかったのでしょうか。率直に言ってしまえば、同氏はゲートキーパーとしての役割をまったく果たせませんでした。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)