続く東芝の上場廃止リスク、債務超過5529億円

 経営再建中の東芝は10日、2017年3月期決算の有価証券報告書を法定期限から1カ月以上遅れてやっと関東財務局に提出した。東芝本社で記者会見した綱川智社長は、5529億円にのぼる債務超過を解消して上場を維持するため半導体子会社の年度内売却に「容易ではないが最善を尽くす」と決意を示した。3月期決算にPwCあらた監査法人が「限定付き適正意見」を表明し、一定のお墨付きを得たことで、東京証券取引所の上場廃止の心配は一時的にはクリアした。

 「限定付き適正意見」について同席した平田政善最高財務責任者(CFO)は「米国での原発工事代金の損失見積もりに関して監査法人と見解の相違はあったが、その他は『適正』とされている」と指摘した。

 だが、難航している半導体子会社の売却が18年3月期末までにできなければ、東芝は2期連続での債務超過になり、上場廃止となる。決算発表は乗り切ったが、半導体子会社売却の難問解決が控えている。

■決められない売却先

 綱川社長は売却の優先交渉先については「日米韓連合」以外に、米ウエスタン・デジタル(WD)や台湾の鴻海精密工業の陣営とも交渉していることを明らかにした。しかし、売却先を決めた後に各国の独占禁止法の審査に最短でも半年以上かかると言われており、これから逆算する早期に売却先を決めないと時間的な余裕はない状況だ。東芝はこの売却で1兆円近い資金を捻出して何とか債務超過を回避したい方針だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)