33回目の夏を迎えた御巣鷹の尾根、空の安全を祈る慰霊登山

 毎年、お盆の時期になると各種メテ?ィアて?過去の「日航機墜落事故」の報道か?伝えられる。1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せたJAL123便か?群馬県と長野県の県境の御巣鷹山に墜落した。国内の航空機史上、今て?も最悪の事故て?ある。昨年、私はこのト?ローンシ?ャーナリス?ムのコーナーて?「御巣鷹の尾根はやさしい風に包まれていた」という記事を書かせていたた?いた。 その記事て?は、日航シ?ャンホ?機墜落現場に最初にたと?り着き生存者の発見にも立ち会ったカメラマンて?ある、小平尚典氏に誘われて初めて御巣鷹山に登り、そしてト?ローンて?この御巣鷹の尾根を上空から撮影した映像を紹介させていたた?いた。

 前回の慰霊登山から2年後の今年、小平氏から再度、登山の誘いを受けた。高齢て?御巣鷹山に登ることか?て?きなくなった遺族の代わりに慰霊登山をしたいという。その小平氏と共に慰霊登山に行ってきた様子をト?ローンと手持ちカメラて?撮影してきたのて?、ます?はこの動画を見ていたた?きたい。

 V字の先の、画面中央にある、山の地肌か?茶色く現れている場所か?墜落現場て?ある御巣鷹の尾根た?。

 向かって右側の谷の部分か?スケ?ノ沢と呼は?れる沢て?、たくさんの命か?失われた場所て?あるとともに、4人の生存者か?見つかった場所て?もある。映像内のモノクロの写真は全て当時小平氏か?撮影したものて?ある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)