カープ選手の足が早くなったワケ

カープ選手の足が早くなったワケ

(Design Pics/iStock)

 広島カープの外野守備走塁コーチを務める河田雄祐は、1985年秋のドラフト3位で帝京高校から広島に入団した。控えながら俊足巧打の外野手として活躍し、96年に西武に移籍。2002年で引退して指導者に転身し、15年で退団すると、その直後に広島へ復帰した。当時、こう意気込みを語っている。

 「正直に言って、カープの外野守備と走塁のレベルは、パ・リーグに比べるとまだまだだと思います。ぼくは西武のコーチとして、パの優秀な外野手を数多く見てきましたから。丸(佳浩)や(鈴木)誠也ならもっとレベルアップできる。そのためにぼくが教えられることは何でも教え込みますよ」

 外野へ向かってノックをしながら、河田は声をからしてこう叫んだ。「待って捕るな! 前へ突っ込んでこい、前へ! 後ろへ逸らすことを恐れるな!」と。

 キャンプの居残り特守では、外野手の丸や堂林に内野手の安部も加え、激しいノックを浴びせた。その狙いをこう語っている。

 「堂林には丸の動きを見て吸収してほしい。安部も一緒にやらせたのは(緒方孝市)監督の危機管理です。万が一、外野手が足りなくなったときに備えてね。長いシーズン、何が起こるかわからないから」

 安部は07年のドラフト1位で、3位の丸と同い年の同期生だから、当然ライバル意識は強い。河田のノックした打球をたまに丸がポロリとやったりすると、間髪入れずに安部が大声でツッコミを入れる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)