解任後のバノン、どう出るか

解任後のバノン、どう出るか

iStock.com/dimdimich/Pongasn68/BrianAJackson/leonello)

 8月18日付のワシントンポスト紙及びニューヨーク・タイムズ紙は、バノン戦略担当上級顧問の辞任について、社説を掲載しています。その概要は、次の通りです。

■WP:「バノンの離任はすべてを正すわけではないが、助けにはなる」

 バノンの離任は肯定的シグナルなのか。答えは、イエスでもノーでもある。

 少なくとも政策とその決定過程が、バノンがいなくなり改善されることが考えられる。しかし政府は何をどうすべきかについてのトランプの本能は良くない。バノンの役割はそれを強化したように思える。穏健で、安定をもたらす人がより大きな影響力を持つ希望があり、これはいいことである。

 しかし、トランプは未だ大統領である。彼は相変わらず、ネオナチとそれに反対する人を道徳的に同じであるというような発言をするだろう。バノンはこういう傾向を奨励したかもしれないが、作り出したわけではない。バノンの離任は両院の共和党主流派にとり困惑の原因を取り去ったかもしれないが、彼らの道徳的ジレンマが終わるわけではない。

 トランプがバノン辞任を受け入れたのは政策問題よりも、バノンが自分の伝記の出版に同意し、トランプからスポットライトを奪ったからだと言う。

 バノン離任の利益は責任の在処を明確にするだろう。バノンは大統領の批判者を挑発し怒らせ続けた。同時に彼は彼らの注意をそらせた。「バノン大統領」は神話であった。1月20日以降、トップは同じトランプである。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)