中東の戦略地図に影響?サウジとイラクの関係改善

中東の戦略地図に影響?サウジとイラクの関係改善

iStock.com/Zdeno_Kajzr/dolgachov/Dorling Kindersley/aarrows

 ジョージ・ワシントン大学のマクサッド准教授と米国のシンクタンクAEIのポラック客員研究員が、Foreign Affairs誌のウェブサイトに8月21日付けで掲載された論説において、サウジとイラクの関係改善は、米国とイラクにとっていい知らせである、と述べています。論説の要旨は以下の通りです。

 サウジとイラクの関係改善は永らく待たれていたもので、中東に関する最近にない朗報である。

 まず2月にサウジのジュベイル外相が、1990年以来となるバグダッド訪問を行い、その後イラクのアラジ内相がサウジのムハンマド皇太子と会った。

 最も注目されるのは、7月31日にイラクの扇動的な聖職者、ムクタダ・アル・サドルがリヤドを訪問し、イラクとサウジの関係改善につき、ハイレベルの会談をしたことである。

 サドルはサダム・フセイン以降一貫してイランの重要な同盟者であった。彼の民兵はイランの革命防衛隊から広範な支持を受けている。

 それだけにサドルが、イランの宿敵サウジを訪問したことは驚きであった。

 一連の会合は、サウジが戦争で荒廃したイラクを支援し、両国間の通商、コミュニケーションを促進し、またイラン・イラク戦争中に建設され、1990年のサダムのクウェート侵攻で閉鎖されたイラクからサウジ経由紅海に至る巨大パイプラインを再開する可能性を高めた。

 米国(それにイラク)から見れば、これはいい知らせである。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)