中国共産党大会「5つの注目点」

中国共産党大会「5つの注目点」

iStock.com/feedough/superjoseph/AarStudio/Wavebreakmedia Ltd)

 英チェスター大学のヒル研究員が、10月に行われる中国共産党大会の注目点を5つ列挙した解説記事を書き、8月30日付でThe Conversationのウェブサイトに掲載されています。要旨は次の通りです。

 中国共産党は間もなく、第19回党大会を開催し「権力継承ゲーム」を始める。次の5年の、総書記、政治局常務委員を含む様々なポストが決まる。習近平は権力の掌握を緩めそうもない。我々は、何に注目すべきか。

■1.習近平の野望

 2012年に党総書記に就任して以来、習近平は地位を固めてきた。その中心は反腐敗運動だ。習支持者にとっては、反腐敗運動は党の正統性を損ねる不純な要素を取り除きたいとの習近平の真摯な願望だが、批判者は、反腐敗運動は政敵を除去し権力を固めるための見せかけの動きだと言う。いずれにせよ、習が次の5年も総書記に再選されることは間違いない。

 さらに、習は中央軍事委員会主席の地位も維持し、軍への強大な影響力を行使することになろう。しかし、習には次の任期の5年を超えて影響力を拡大する意図がある、との噂がある。そうであれば、中国政治が徐々に制度化される動きから大きく逸脱することになる。

 1990代以降、党総書記は一般に2期しか務めなかった。習が影響力を延長しようとするならば、それは、1960、70、80年代の「人治」への回帰を示唆する。

■2. 年齢に関するダブルスタンダード

 第19回党大会の後、習近平が威信を高め「父なる習近平」が出現したとしても、1960、70年代のような毛沢東主義のカルト的個人崇拝に完全に戻ることはないだろう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)