中国人は超大型連休をどう過ごしたのか

中国人は超大型連休をどう過ごしたのか

日本にも多くの観光客がやって来た(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 国慶節と中秋節が重なり、例年よりも休みが一日延び、10月1日から8連休となった中国。「史上最も長い国慶節休暇」を中国人はいったいどう過ごしたのか。例年以上の消費の盛り上がりや、旅行動向の変化が報じられている。

 期間中の国内の旅行客はのべ7億500万人、国内の観光収入は5836億元(約9兆6300万円)。昨年の国慶節と比較できる7日間に限ると、昨年比で観光客数が11.9%、観光収入が13.9%伸びた。大陸外を旅行したのは600万人超で、300の国内の都市から出発し、全世界の88の国と地域を訪れたという。

 国内小売・飲食業の売上高は1兆5000億元(約25兆3500億円)で過去最高となった。一日の平均消費額は昨年に比べて10.3%伸びた。

■シェア、「新しい小売り」がブーム

 人民日報海外版は10月9日の記事で、期間中、新興の消費が人気だったと振り返った。「モバイル決済、シェア消費などが休暇の新しい流行となり、QRコード決済、シェアカー、シェア自転車、民泊、シェア書斎などが、ショッピング、外出、旅行、レジャーをより気軽なものにしている」

 その具体例を報じているのは、10月11日の南方網。「新零售(新しい小売り)」を体験する1日ツアーが人気だったと伝える。「新しい小売り」とは、アリババの馬雲会長が提唱したもの。企業がビッグデータやAIなどの先進技術を使って商品の生産から流通、消費の過程をグレードアップし、オンライン・オフラインのサービスと物流を融合させた新しい小売りのモデルを指す。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)