ドゥテルテとタクシンは似ているのか? 

ドゥテルテとタクシンは似ているのか? 

(iStock.com/Artystarty/tkacchuk)

 9月14日付の英エコノミスト誌は、ドゥテルテ比大統領とタクシン元タイ首相を比較して類似するところがあるとし、両者とも貧困者の代弁者としてポピュリズムに訴えて既存の体制に挑戦したが、貧困と不平等の上に支配層が君臨する構造に変化は見えないと言っています。論旨は以下の通りです。

 定期的に選挙が行われ、改革も盛んに語られるが、フィリピンの富の4分3は未だに有力40家族が握り、貧困も深く根付いたままだ。

 もっとも固定した支配層が深刻な不平等の上に君臨するのはフィリピンだけではない。東南アジアの大半の国は、単一政党支配や政治的動揺によって荒廃している。その好例は、王室が支配層に繰られるタイだ。12回の軍事クーデターの目的も、既存の権力構造の維持や保守的思想の醸成だった。

 実際、ドゥテルテは自国の歴代大統領よりタクシン元タイ首相と共通する点が多い。2001年、タクシンは、タイ北部の貧しい農民と自らを重ね合わせることで権力の座に就いた。支配層は彼が人民の側について王室に取って代わろうとしていると恐れ、2006年に彼を失脚させた。一方、ドゥテルテも土地持ちの政治エリートと公然と対決した。

 また、両人とも左翼人士に惹かれてきた。タクシンの顧問には、1976年の軍による学生虐殺事件の生き残りで、その後、共産党反政府勢力に加わった者がおり、ドゥテルテの閣僚には共産党ゲリラだった神父がいる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)