中国では当たり前、スマホ決済は日本で広がるか

中国では当たり前、スマホ決済は日本で広がるか

ネットスターズ 代表取締役社長 李剛氏

 スマホ決済が世界で最も普及している中国。市場を二分しているのはテンセント(騰訊)のウィーチャットペイ(微信支付)とアリババ(阿里巴巴)のアリペイ(支付宝)で、この2社だけで90%以上のシェアを占めている。連載第10回はウィーチャットペイの日本の包括代理店の代表的存在であるネットスターズの李剛社長に、ウィーチャットペイの日本市場への導入などについて聞いた。

――人口13億7000万人の中国で、8億人以上の人が使っているといわれるチャットアプリがウィーチャット(微信)ですね。

李氏:はい。ウィーチャットは中国のテンセントが開発した中国を代表するSNSです。日本では中国版LINEと訳されることが多いですが、友だちに簡単にメッセージを送信したり、グループチャットを作ったり、情報を友人と共有できるモーメンツという仕組みがあり、無料電話も利用できるという非常に便利な機能です。ウェイボー(微博=中国版ツイッター)のように実名登録の必要がなく、閲覧できる相手を制限できるので、親しい仲間や友人と交流できるコミュニケーション・ツールがあります。もちろん、ビジネスに使用している人も多く、名刺交換する代わりにウィーチャットを登録し合うということも中国では日常茶飯事になっています。

――ウィーチャットペイもその流れで誕生した決済機能サービスですね?

李氏:2014年にウィーチャットを使って交流した相手に送金できる決済機能、ウィーチャットペイができました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)