印パ両国識者による公開TV討論「カシミールの政情不安を考える」

 傘をさして合羽を着込んで暗闇の坂道を歩いてゆく。3キロほど歩いたところでヴァシュシトへ行く分岐点に来た。ここからは本格的山道で地図では2キロほどである。5分ほど山道を歩いていると丁度オートリキシャー(オートバイと人力車を組み合わせた乗り物)が来た。半額の90ルピー(≒160円)でOKというので便乗。

 ヴァシュシトは小さな温泉町という風情だ。早速お目当ての日本食堂に飛び込んだ。ガイドブックで「唐揚げ定食がおススメ」と書いてあったので昨夜から楽しみにしていたのだ。日本人の女将さんHさんの唐揚げ定食は評判通りで大満足。

 蛇足ではあるがHさんは某TV局の人気番組で世界の果ての日本人妻として紹介された由。

■インターネットが遮断?

 7月18日。朝飯後にゲストハウスで情報収集しようとトライしたがインターネットが繋がらない。西部のカシミール地方へ行くバスが政情不安により運行を停止していると噂で聞いたので確認したかった。

 ゲストハウスのオーナーS氏(即ち女将のHさんの旦那)にインターネットの状況を確認すると「当局により北インド全体でインターネットが遮断されている可能性がある」とのこと。数日前にイスラム系住民とインド当局治安部隊の間で衝突が発生したとのこと。イスラム系住民が何かを要求してデモ行進したことがエスカレートしたもので武力衝突ではないとの説明。

■日本人妻の亭主はカシミール出身のヒンズー教徒の真面目人間

 Hさんの旦那さんのS氏は1976年生まれの40歳。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)