中国に押し切られる韓国ふたたび、「一筆」取られての関係改善

中国に押し切られる韓国ふたたび、「一筆」取られての関係改善

ベトナム・ダナンで開催されたAPECを機に中韓首脳会談は実現(写真:ロイター/アフロ)

 中国の習近平国家主席と韓国の文在寅大統領がベトナムで会談し、関係改善を図っていくことで一致した。両首脳は文大統領の12月訪中で合意し、北朝鮮の核・ミサイル問題について「最終的には対話を通じて解決する」という認識で一致した。

 在韓米軍基地への「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」配備を巡って険悪化した中韓関係の改善は、地域情勢の安定化という観点から望ましい。日本が議長国として調整していた東京での日中韓首脳会談も、中韓関係の改善によって実現可能性が高まった。北朝鮮の核問題にしても「最終的な対話解決」という目標は、誰も反対しないだろう。

 ただ、一連の流れは中韓関係における中国の優位を固めたという印象を強く与える。10月末に発表された「関係改善に関する両国間協議の結果」は、明らかに中国が韓国から「一筆取った」というものだ。韓国外交にとって将来的な負担になる恐れがあり、日本の安全保障にも影響が出てくるかもしれない。

■韓国が表明した「3つのノー」

 中韓合意の問題は、韓国の安全保障政策に関する「3つのノー」だ。(1)THAADを追加配備しない(2)米国のミサイル防衛(MD)に参加しない(3)日米韓の安保協力を軍事同盟に発展させることはない――という内容。合意文書には明記されなかったが、韓国の康京和外相が発表前日の国会審議で答弁した。質問したのは親中派で知られる与党議員であり、政府側と打ち合わせた上での質疑であることは自明だろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)