テスラが編み出した新錬金術は成功するか?

 モデル3の生産で躓いたテスラは、資金調達面でも問題に直面する可能性があるが(『躓くテスラが賭ける中国進出、日本メーカーの切り札は?』)、次から次と新機軸を打ち出すCEOイーロン・マスクは、また新しい資金調達方式を編み出した。25万ドル(約2800万円)の新型ロードスターの予約を開始したが、全額前金の支払いを要求しているのだ。さらに、電気自動車(EV)トラックの装備が充実した最上位クラスの予約も全額前金に条件を変更した。価格は20万ドル(2200万円)だ。

 日本ではEVトラック報道の陰に隠れていたが、スポーツカー、新型ロードスターも同時に発表された。マスメディアでは、その性能ばかりが注目されているが、引き渡しが2020年以降になるロードスターの支払いを今行う必要があるのだ。EVトラックの引き渡しは2019年以降だ。テスラが今集める資金は少なくとも3億ドル(330億円)になるだろう。

 なぜそんなに資金が必要なのか。事業がうまくいっていないからだ。EV自動車事業では40万台以上の予約を集めたモデル3の生産が遅れ、2017年9月期の6億ドルを超える損失に結び付いたが、不調なのは自動車事業だけではない。

 テスラは太陽光発電事とEVとの間にシナジー(相乗効果)があるとし、CEOイーロン・マスクの従妹リンドン・ライブ氏がCEOを務めていた太陽光事業企業ソーラー・シティを買収した。お天気任せの不安定な発電になる再生可能エネルギーの発電量を安定化するには蓄電池は欠かせない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)