秒読みに入った、トランプが国務長官を解任する日

 今回のテーマは「ティラーソンの心境」です。ロイター通信及びグローバル世論調査会社イプソスが行った共同世論調査(12月1−5日実施)によれば、「トランプ政権内で、誰が次に辞職ないし解任されると思いますか」という質問に対して、22%がレックス・ティラーソン国務長官、14%がジェフ・セッションズ司法長官と回答しました。続いて、ケリーアン・コンウェイ大統領顧問とサーラ・ハッカビー・サンダース報道官がそれぞれ7%となっています。米国民は、ティラーソン国務長官が次に辞職ないし解雇されると考えているのです。

 本稿では、まず12月15日に開催された国連安全保障理事会における閣僚級会合で、利害関係国が北朝鮮問題に対して、どのような対処法を主張したのかを分析します。次に、ティラーソン国務長官の最近の発言を分析し、そのうえで同長官の心境を探ってみます。

■コンフリクトの対処法

 コンフリクト(対立)が生じた場合、マネジャーやネゴシエーターはどのような対処法をとるのでしょうか。コンフリクトの研究で有名なトーマスとキルマンの5つの対処法のモデルを紹介したうえで、北朝鮮問題に応用してみましょう(図表)。

 彼らによれば、対処法の第1は「回避」です。回避型のマネジャーやネゴシエーターは、対立している相手に関心を示さず、距離をあけて、関係改善を図ろうとしない特徴があります。

 第2は「調和」です。調和型は、波風を立てるのを嫌い、コンフリクトを抑制するために自分の利益を犠牲にして、相手に同意する傾向があります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)