文在寅大統領の訪中に韓国国民が驚いた理由

文在寅大統領の訪中に韓国国民が驚いた理由

(YONHAPNEWS/AFLO)

 文在寅大統領が国賓として中国を訪問した。韓国内で今回の訪中は国民から相当に注目され、大統領がどこを訪れ、誰に会い、どのような演説をしたのか、一挙一動が国民の関心事となり、話題となった。ただ残念なことに、大統領の訪中ニュースの中で国民が注目していたのは、大統領の外交手腕や韓中関係の行方についてではない。大統領が中国で行った言動が、韓国国民としてあまりにも衝撃的なものだったためだ。

■大統領の「一人飯」と中国警備員による「記者暴行」

 既に日本のマスコミにも大きく取り上げられているのは、大統領の「一人飯」、そして大統領に随行していた記者が中国人警備員たちから暴行を受けた事件だ。大統領の中国訪問日程は12月13日から16日までの三泊四日。中国で食事をする機会は10回あった。話題になったのは、このうち中国の高官、あるいは要人と食事をしたのは14日の習近平主席との公式晩餐の席と、16日の重慶市党書記長との昼食会の2回のみだったのだ。

 青瓦台関係者らは「文大統領の実用的な性格が外交日程にも現れているという証」、「我々が食事の日程を組まずに勉強するために開けていたもの」と説明したが、その説明に納得する国民はほとんどいなかった。特に二日目の朝食、駐中国韓国大使と中国の大衆食堂でパンと豆乳を食べる姿が報道された時は、「可哀想だ」「情けない」というコメントが溢れ、中国による「門前払い」、「冷遇」、「非礼」との批判がおきた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)