現在の福島第一原発が「オールジャパン」の体制で廃炉へと挑んでいる実態が明らかに

記事まとめ

  • 筆者は、事故から6年半が経過した、東京電力の福島第一原発を2017年11月に取材
  • 東電は協力企業約40社に工事を発注し、5000人が働く巨大な工事現場になっていた
  • 三菱重工、日立、東芝、鹿島などの大手が参加し、まさに「オールジャパン」の体制とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております