中東のカナリア、レバノンは何を語るのか

中東のカナリア、レバノンは何を語るのか

モスクと教会は平和に共存できる

 スピルバーグ監督のもとメリル・ストリープとトム・ハンクスが共演する映画 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は、レバノンの首都ベイルートで日本に先駆けて早々封切られる予定だった。ところが検閲当局の意向で上映禁止になる模様だ。以前は彼の映画は問題なく上映されたのに!

 毒物に敏感なカナリアは泣きやむことで炭鉱のガス漏れを炭鉱員に知らせた。レバノンは逆に鳴き始めることで、中東情勢の急変を告げる。

■平和の配当

 一昨年、私はレバノンを旅するか、それとも南仏でのんびりするか、ずっと迷っていた。

 パリのシャルル・ド・ゴール空港に着いて荷物をカートに乗せ外へ出ようとすると、自動ドアが開かない。マシンガンを持つ治安警官が目を血走らせて「あっちへ行け!」と命じて来る。空港で乗客の荷物が一つ行方不明となっているのだという。1日に16万人も乗り降りする国際空港ならば、荷物のひとつぐらい紛失することはよくあるだろう。だが空港は一時閉鎖された。

■羹に懲りて膾を吹く

 4カ月前、ベルギーのブリュッセル空港で爆破テロがあった。しかも、あとで知ったが私が飛行機で大西洋を越えている間に、南仏ニースでトラックによるテロがあったのである(2016年7月14日)。

 よしレバノンに行こう!  

 5日後、パリからエールフランスとの共同運航便ミドル・イースト航空でベイルートへ飛んだ。機内は、アラブ系の人間で満席だ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)