トランプ心ここにあらず≠セった?「ロシア・ゲート」米朝会談に大きなカゲ

トランプ心ここにあらず≠セった?「ロシア・ゲート」米朝会談に大きなカゲ

3月1日、 Conservative Political Action Conferenceに出席したトランプ大統領(REUTERS/AFLO)

見せ場に欠けただけでなく、あっけない幕切れの政治ショー≠セった。2月27、28の両日行われた第2回米朝首脳会談は成果をもたらすことなく終わった。合意文書への署名も見送られた。決裂に等しいというべきだろう。交渉再開の見通しはたっておらず、実現したとしても、かなり先になる見込みだ。

 双方とも体勢の立て直しに時間がかかることに加え、ここにきて米国側に不確定要素≠ェ生じてきたからだ。トランプ大統領のロシア・ゲート<Xキャンダルだ。時あたかも、ハノイ会談の最中、ワシントンでは大統領のスキャンダルについて元顧問弁護士が証言。米朝首脳会談を押しのけてメディアはこれを大々的に報じた。トランプ氏のスキャンダルは、米朝関係に広く、濃くカゲを落とす。

■大統領、証言に神経とがらす

 ハノイで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と再び相まみえたトランプ米大統領、心ここにあらず、だったのではないか。関心はキャピトル・ヒル(ワシントンの米議会議事堂がある)地域)に注がれ、視界には金正恩ではなく、政敵、民主党のナンシー・ペロシ下院議長(民主党)の姿が浮かんでいたかもしれない。

 首脳会談が唐突に終わったのは、想像をたくましくすれば、コーエン証言で動揺した大統領が不用意な譲歩をするのを恐れた側近が、制裁全面解除という北朝鮮の過大な要求を理由に、打ち切りを進言したのではなかろうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)