李登輝に学ぶ「指導者の心得」

李登輝に学ぶ「指導者の心得」

1943年(昭和18年)、故郷三芝の廟の前で撮影された李登輝(後列右)と家族の集合写真(写真:筆者提供)

総統退任後も国民のことを思い、日本の最先端のガン治療を導入するなど、台湾の医療の前進に大きく貢献してきた李登輝氏。唯一の日本人秘書である早川友久さんが、李登輝氏の大切にする「指導者の心得」を解説します。

 政治家・李登輝の信念は「民之所欲、長在我心」である。1995年、現役の台湾総統として訪米した際、母校コーネル大学での講演タイトルにも使われた。つまり、国民が何を求めているかを常に心に留めて置かなければならない、という意味だ。

■「みんなガンでやられてしまった」

 2015年7月、李登輝は国会議員会館での講演を要請され、日本を訪問した。東京での講演を終えたあとは、仙台へ向かう日程を組んだ。2007年に訪日し、奥の細道をたどる旅をした際、松島の瑞巌寺で李登輝夫妻がよんだ俳句を刻んだ記念碑が建立されたからだ。

 日程の草案を李登輝に見せたところ、やおら「東京から仙台までは新幹線か。ちょっと郡山に寄って病院を見られないか」と尋ねられた。もちろん東北新幹線は郡山を通過する。私は「行けます。調整します」と即答していた。

 この問答だけでは、読者の皆さんは何が何やら分からないだろう。この会話の背景はこうだ。

 2011年の秋、李登輝が定期診断を受けたところ、大腸ガンが見つかった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)