はやぶさ2が開拓した画期的な宇宙の未来

はやぶさ2が開拓した画期的な宇宙の未来

はやぶさ2、小惑星に着陸 (提供画像、JAXA/新華社/アフロ)

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の探査機はやぶさ2が現在、小惑星リュウグウにおいて人類史上画期的なことを行っている。

 リュウグウは、地球と火星の間で太陽を周回している直径900メートルのソロバン玉の形をした小惑星。地球から約3億キロ離れており、太陽系成立の謎を秘めた小天体だ。そのリュウグウにはやぶさ2が着陸したのは、今年の2月22日のことだった。

 今回の着陸には二つの重要な意味がある。

 着陸は本来は昨年10月末の予定だったが、大きな岩だらけの地形のため延期し、地表の3次元地図作りからやり直した。そしてエンジン12基の特性を生かした誘導プログラムを作成して精密に機体を制御、直径6メートルの着陸地点に誤差1メートルという精度で着陸させることに成功したのだ。

 この高精度の着陸技術は、今後の宇宙開発において日本の「切り札」になるはず。

 なぜなら、地球から約38万キロ離れた月面で、これまで軟着陸した探査機や宇宙船は、米・ロ・中の計21機だが、その着陸誤差は1〜数10キロもあったからだ(21年度に月着陸予定のJAXAの無人小型機SLIMは誤差100メートルの着陸を目指している)。

 もう一つは、試料採取の弾丸発射の成功。

 はやぶさ2は着陸と同時に機体下部の装置から弾丸を発射し、舞い上がった地表の砂や土を保管庫に収めた模様。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)