「IS打倒」宣言が正しくない理由

しかし、トランプのゴラン高原に対するイスラエル主権支持決定を考えると、この批判は一層の重みを増す。

 他方、テロがアジアに飛び火することを防ぐ必要がある。日本では今年、来年と大型の国際イベントも続く。幸いアジアの統治体制は総じて強固であり、経済、雇用もより安定し発展している。しかし、フィリピンのミンダナオ島やインドネシアにはISに忠誠を誓う勢力が居る。関係国が一致協力して長期的な対応を強化していく必要がある。


  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)