偶然の気づきを与えてくれる書籍ダイジェストサービスの正体

偶然の気づきを与えてくれる書籍ダイジェストサービスの正体

(garytog/gettyimages)

書評でもなく、要約でもない、書籍のダイジェスト版を週4日メールで送ってきてくれる『SERENDIP』というサービスがある。ここにきて急速にユーザー数が増えているという。料金は年間で3万円、月にすれば2500円になる。このサービスを手掛ける、情報工場社長の藤井徳久さんに話を聞いた。

 藤井さんは、新卒後システムエンジニアとなり、2年務めた後退職し、 いったん大学院に入って、情報工場を起業した。

 実際に創業したのは2005年にさかのぼる。「当初は、3年で今くらいの規模になることを想定していたのですが、想定外でした」と藤井さんは笑う。それでも、14年間も事業を継続してきたわけだから大したものである。

 ダイジェストする出版社にも、もちろん許可をとっている。当初は断られることもあったが、むしろダイジェストしてもらったほうが本が売れるということから、このところは、献本の数が増え続けているという。

 情報収集や話題づくりなど、流行りの本の中身を知っておきたいというビジネスパーソンは少なくい。そのため、ビジネスパーソンにターゲットを絞った形で、ビジネス書の要約を提供するサービスもある。

 情報工場のサービスは「書評でも、要約でもなく、ダイジェスト」だという。書評は確かに評者の主観が入るので、ちょっと違う。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)