本当は重要な副大統領ポスト、映画「バイス」にみるその実像

イラクの大量破壊兵器開発を否定する政府高官への意趣返しとして、その妻がCIA(中央情報局)要員であるとリークさせたこと(『女性スパイの跳梁、今も昔も、国際政治の裏の主役』、当サイト2018年7月28日アップ参照)、「何も挑発行為をしていない主権国家を攻撃するのか」と慎重論を唱えるパウエル国務長官に、国連安全保障理事会での証拠提示♂艶烽強要する経緯―など観ていて、そうだったのかとあらためて納得させられた。パウエル長官の国連演説は日本でも大きく報じられた。

続きは WEDGE Infinity で

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)