サイン盗み疑惑で暴走≠オた星稜・林監督の去就は?

だが、世の中の風当たりは相当なものだ。特にネット上では「今すぐ辞任すべき」とのシュプレヒコールが方々から上がっている。それだけではない。当の高校野球界からも「続投すべきではない」「潔く身を引くべきだ」などといった厳しい声が大勢を占めている状況だ。

■教育者としての行為なのか?

 習志野に不正行為があったかどうかについて、すでに結論は下されている。審判団が「サイン伝達行為の確証はない」と判断を下しているからだ。個人的に言えば、サイン盗みという違反行為は立証が難しく「グレーゾーン」になってしまう感も何となく否めないとは思う。

 とはいえ、それ以上にやはり林監督の暴走はスポーツの指導者、教育者として許されるべき行動ではないだろう。審判団の決定を不服として冒涜した挙句、準優勝した習志野のナイン、小林監督らチーム関係者の栄誉にも泥を塗り、さらに週刊誌へネタを切り売り≠キるという前代未聞の行為に及んだからである。

続きは WEDGE Infinity で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)