意地でもお花見したいニューヨーカーたち、桜祭りが大ブーム

意地でもお花見したいニューヨーカーたち、桜祭りが大ブーム

NYでも大人気の「Sakura」(撮影:筆者、以下同)

日本人は、なぜこれほどまでに桜を愛でるのだろうか。

 昔から和歌にも詠われ、桜を美しいと思う心が大和民族の遺伝子に入っているのだろうか。などと思っていたら、いつの間にやらそんなことを言ってる時代ではなくなった。

 かつては、春にオランダに行ってチューリップを見るというのが世界中の観光客の憧れだった時代もあったけれど、今ではお花見の時期に合わせて、世界中から観光客が日本に押し寄せてくる。いまや日本のSakuraは世界の人々の憧れなのである。

 いつの間に、こんなに桜が世界的人気になったのだと思っていたら、ニューヨークでも気がついたらSakura Matsuri, Cherry Blossom Festivalが大盛況だ。Sakuraという言葉自体もすでに Anime やMangaと同じように、英語になりつつある。

 桜祭りといえば首都ワシントンが有名だけれど、ニューヨークも負けてはいない。

 中でもブルックリンのボタニカルガーデンで行われる桜祭りは、ニューヨークの春の一大イベントだ。その歴史も規模も、そして催し物の数とバラエティも、他を寄せ付けないニューヨークの桜祭りの王者である。今年は4月27日と28日の二日間で、東京のお花見よりもおよそ1カ月遅れだが、時期的にはおそらくもっとも華やかな八重のカンザン桜に合わせたのだろう。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)