“危ない超加工食品”を鵜呑みにしてはいけない

“危ない超加工食品”を鵜呑みにしてはいけない

(ShutterOK/iStock/Getty Images Plus)

「超加工食品ってそんなに悪いのですか?」 そう尋ねられる機会が増えました。週刊誌やウェブメディアでは「がんリスクを10%も上げる」「死亡率も上昇」「食べてはいけない」と報じられています。標的になっているのはインスタント麺やスナック菓子、炭酸飲料などです。

 “超加工食品”が悪いという記事は、大規模なフランス人調査の結果をまとめた学術論文に基づいたもので、科学的根拠、すなわちエビデンスがあるように見えます。日経メディカルや毎日新聞医療メディカルなど、医学系メディアも追随して報道し、医師もコラムなどで紹介しています。

 ところがこの論文、いろいろおかしな点があり、海外ではほかの科学者から論文に対して批判が上がっています。そこで、食品のリスクの問題に詳しい国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長の畝山智香子さんに、論文の内容と日本の食品の課題についてじっくり話を聞きました。

 先に結論を書きましょう。“超加工食品”説を鵜呑みにしてはいけない。そのからくりを解説します。

■一見「エビデンスあり」なのだが……

松永:論文は、昨年2月と今年2月、計2本発表されており、フランスで10万人を超える成人を対象に行われた調査が基になっています。2009年に食事調査を行い、その後、2017年まで追跡調査をして、超加工食品(ultra-processed food)を多く食べていた人たちはがんリスクが12%上がっていたと解析したのが昨年2月の論文。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)