東京・日本橋発、子どもにも大人にもおいしい“おやつ”の正体

東京・日本橋発、子どもにも大人にもおいしい“おやつ”の正体

スナックミーの工場が入る隅田川沿いのビル

「ギルトフリーのお菓子って知ってる?」。ただのサラリーマンにもかかわらず、好奇心旺盛な同郷の先輩が、いつものように物知り顔で尋ねてきた。

 「ギルト=罪」、「フリー=自由」で、お菓子というと、砂糖が控えめとか、ヘルシーなお菓子ということだろうか。聞いてみると、スナックミーという会社が、素材にこだわったお菓子作って通販をしているという。新宿の雑居ビルで生産してたけれども、人気が高まって手狭になったので、隅田川沿いに大きな物件を見つけて、最近移転したとか。

 社長の服部慎太郎さんを訪ねてみた。服部さんは、慶応大出身で、大学院まで出て、ボストンコンサルティング、DeNAで働いた後に起業した。ピカピカのキャリアの服部さんはなぜ起業したのだろうか。

 「子どもが生まれたことがきっかけです。コンサル時代から、お菓子が好きで間食をする習慣があったのですが、それを子どもにそのまま食べさせてもいいのかなと。お菓子に使われている材料が気になりはじめました」

 まさに意識が高いか、低いかの違いである。筆者にも4歳と1歳の娘がいるが、お構いなしで何でも食べさせている……。

 服部さんは、週末に店が出る青山マルシェなどに通って、こだわりのお菓子を収集することからはじめた。気に入ったお店と契約してお菓子を仕入れ、それらを詰め合わせにして販売するというのが当初のビジネスモデルで、3年前のことだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)