日本人富裕層に米国中古住宅投資が人気化なワケ

日本人富裕層に米国中古住宅投資が人気化なワケ

(gguy44/gettyimages)

富裕層を対象とした米国の中古住宅への不動産投資が静かなブームになっている。その主な理由は、円建て資産をドル建てに置き換えることで資産の通貨分散を図れることに加え、米国の築22年以上経過した中古住宅を購入すると、建物価格評価分を4年間で償却できることから、償却分をその年の収入から経費として落とせるため、年間所得額が大きい人ほど節税メリットが大きくなる点にある。

■テキサス州が人気

 海外不動産協会が3月30日に開催した第1回海外不動産フォーラムには数百人の参加者があり、個人投資家の間に海外の不動産への投資に関心が高まっていることをうかがわせた。こうした米国の中古住宅を紹介しているのが、東証1部上場のオープンハウス(東京都千代田区)、WINWIN Properties Japan(同港区)、リストサザビーズインターナショナルリアルテイ(横浜市)といった企業で、新規に参入も増えている。昨年からセミナーなどを開いて投資を呼び掛けており、購入候補となる物件を参加者に提示し、早速、商談に入るケースもある。

 この数年でかなりの個人投資家が実際に米国にある中古住宅を購入している。人気になっているのはテキサス州のダラスやヒューストンといった人口が増えて成長している都市だ。オープンハウスは現在主にダラス近郊、リストはヒューストン近郊の物件を推奨している。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)