「わたし、定時で帰ります。」吉高由里子が直面する働き方改革の壁

「わたし、定時で帰ります。」吉高由里子が直面する働き方改革の壁

(scyther5/iStock/Getty Images Plus)

「働き方改革」に関するさまざまな法律が4月1日から、まず大企業に適用を開始した。残業は月45時間、年360時間を原則として、臨時の特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間を超えてはならない。有給休暇については、使用者は年間10日以上の年次有給休暇を与えている労働者に、5日は時季を指定して与えなければならない。

 TBS「わたし、定時に帰ります。」は、こうした「働き方改革」を背景として、WEB制作会社で部下を抱えるディレクターとして働いている、東山結衣(吉高由里子)が奮闘するドラマである。タイトルを社内で正々堂々と主張して、仕事を続ける結衣の前にさまざまな壁が立ちはだかる。いったい誰が変わらなければならないのだろうか。

 湊かなえ作品のTBSドラマ化のヒット作「リバース」(2017年)、「夜行観覧車」(2013年)をてがけた、脚本・奥寺佐渡子と清水友佳子のコンビは、軽妙なタッチで、現代の社会問題に迫っている。

■「就職氷河期」世代に「売り手市場」世代、「会社人間」世代のマネジメント層も

 第1話(4月16日)が織りなすエピソードによって、結衣(吉高)の過去が明らかになる。「就職氷河期」の就職戦線を勝ち抜いて大手旅行代理店に入った結衣は、先輩からの指導もないままに「急げ、急げ」と、働かされ残業も月100時間超えが当たり前で、有休をとる暇もなかった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)