世界一“プロサッカー指導者”が多い国?日本

世界一“プロサッカー指導者”が多い国?日本

コーチングスクールでは”プロ指導者”として仕事をするための最低限の知識を得る(筆者撮影)

プロとはなんだろうか?某有名テレビ番組がインタビュアーに最後に聞くような「プロフェッショナルとは?」という意味ではない。世にはスポーツ選手、カメラマン、料理人など、数々の“プロ”が存在する。では彼らと“アマチュア”の違いはなんなのだろうか?

■■多くの指導者がサッカーだけで生計が立てられないスペイン

 話は変わるが、個人的な報告がある。実は3月中旬、日本に帰国し、あるクラブで育成年代チームの指導者として働かせてもらっている。

 「プロ」という単語を調べてみると、「ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。本職。玄人」(デジタル大辞林 小学館)と出てくる。この意味では、今の自分は幸いなことにサッカーの仕事のみで生計を立てることができているので、プロのサッカー指導者として生活していることになる。

 「今は」という言い方をした以上白状すると、私はスペインにいる間、サッカーの稼ぎでは生活できていない。というより、スペインではサッカーの指導者としてだけで生活することはほぼ不可能だと言っても過言ではない。

 全て包み隠さず書くと、私が第一監督として活動していた時は、クラブからの1ヶ月の給料は250ユーロ(約31250円)。さらにその時の自分にはアシスタントとしてついてくれていたスペイン人コーチがいて、彼への謝礼もその250ユーロから捻出しなければならないシステムだった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)