巨人・澤村拓一投手の一軍昇格に球団内も賛否両論

巨人・澤村拓一投手の一軍昇格に球団内も賛否両論

(laymul/gettyimages)

是か非か。巨人・澤村拓一投手の一軍昇格が波紋を広げている。出場選手登録された17日の中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で3点リードの9回から登板すると三者凡退で終わらせ、981日ぶりのセーブポイントをマーク。さらに翌18日も9回から2試合連続の登板で2安打を許しながらも無失点に封じ、勝利後にはベンチ前でチームメートたちとハイタッチを交わした。チーム事情でリリーフへの再々転向となったが、脆弱なブルペン陣を救う力投を見せたことで首脳陣の評価は上々のようだ。

 宮本和知投手総合コーチは17日の試合後、澤村の登板内容について報道陣に「涙が出そうになった」と思わずポロッと口にした。ここまで右腕が二転三転で配置転換させられた背景を考えれば、投手コーチとしては確かにそう言いたくなるのかもしれない。

 だが、やはりこのタイミングにおける澤村の一軍昇格には異論が飛び交っているのも事実だ。一部週刊誌の報道によって4月中旬に澤村が東京・新宿の繁華街で飲酒後、見知らぬ男性に暴力行為を働いていたことが判明。相手側と和解が成立したとはいえ、大きな不祥事を引き起こしたことに変わりはない。

 しかも澤村は2014年にも同じように酒に酔って一般男性に暴力を振るう飲酒トラブルを引き起こしている。わずか5年の間に2度もこのようなグラウンド外での飲酒暴行事件≠起こしながら、出場停止処分などの厳罰が与えられることもない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)