「本麒麟」大ヒットの背景に若手の抜擢



 「妥協して価格の安い『第3のビール』を飲むのではなく、確かなうまさで選んでもらえるブランドにしたかった。ゴクゴク飲んで、のどを潤すというよりも、1日1杯を大事にする人を狙った」。

 そこでこだわったのが、飲んだ瞬間の味だった。「コク」と「飲みごたえ」については長年にわたり「ラガービール」を作ってきた技術と自信があったので、麦芽比率の制限がある中で、後味に癖のないものを作ることができた。

続きは WEDGE Infinity で

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)