ダメなベンチャーの広報って、ある意味、気の毒ですよ

ダメなベンチャーの広報って、ある意味、気の毒ですよ

(SIphotography/gettyimages)

今回は、昨年(2018年2月)に取材し、記事『ベンチャー企業の広報担当は、めちゃくちゃ使えない』にした男性(47歳)を再び紹介する。

 男性は現在、IT企業(社員数300人)に記者・編集者のチーフ(管理職)として勤務する。20代前半から後半までは、大手の求人広告の編集制作にコピーライターとして関わった。20代後半から30代後半までは、中堅の広告会社で求人広告の制作ディレクターとして携わる。

 これまでに取材をした会社は、大企業から中小・ベンチャー企業まで、2000社を超える。ベンチャー企業の「使えない広報担当者」について話をうかがった。本人の希望で、氏名は匿名とした。事例として取り上げた会社は、特定できうる可能性があり、内容を一部加工した。

■広報で経験の浅い人がしゃしゃり出てくると、うまくいかない

 僕が担当するウェブサイトでは、経理や財務、IR、広報、総務などの管理部門の女性を紹介するの。15年以上前から、年に5?10人前後のペースで掲載している。美人で、仕事ができて、才媛タイプが多い。経理、財務などの女性が勤務する会社から、うちへ1人につき、12万円支払う。その一部が、僕とカメラマンやアートディレクターなどの報酬になる。

 通算で100人以上を紹介してきたけど、ベンチャー(企業)の場合は、広報で30代半ばまでくらいの経験の浅い人がしゃしゃり出てくると、まずうまくいかない。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)