すでに「移民国家・日本」、どこへ向かうのか

すでに「移民国家・日本」、どこへ向かうのか

(mirsad sarajlic / iStock / Getty Images Plus)

外国人観光客だけでなく、コンビニや居酒屋で働く外国人労働者を目にする機会が多くなった。それもそのはずで、1988年には94.1万人だった在留外国人の数は2018年末時点で273.1万人と3倍近くも増えている。政府も外国人労働者の受け入れに積極的な姿勢を見せ、2018年に出入国管理及び難民認定法(以下、入管法)を改正、多くの外国人労働者を受け入れると明言している。そこで『ふたつの日本 「移民国家」の建前と現実』(講談社)を上梓した「ニッポン複雑紀行」編集長でライターの望月優大氏に、日本の「移民政策」の特徴、外国人労働者の実態、今後の「移民政策」について話を聞いた。

――最近新しい在留資格「特定技能」の創設や技能実習生の失踪など外国人労働者の受け入れについて話題になることが多いです。日本政府は、「移民」という言葉を避け、「外国人材」という言葉を使い、外国人労働者に関する政策を「移民政策」でないとしていますね。しかしながら、実質的には外国人労働者がここ30年で急増しています。日本の「移民政策」にふれる前に、まずは先進各国の移民政策の特徴について教えていただけますか。

望月:各国ともそれぞれに違いがありますが、先進国については大きく2つにわけられます。アメリカやカナダ、オーストラリアといった伝統的な移民国家の場合、国の成り立ちからして、さまざまな国からの定住を前提とした移民を受け入れることが国のあり方自体に組み込まれています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)