“AgGateway Asia”は農業のガラパゴス化を打破できるか

“AgGateway Asia”は農業のガラパゴス化を打破できるか

“AgGateway Asia”は農業のガラパゴス化を打破できるかの画像

「技術で勝って事業で負ける」。日本のモノづくりはこう言われて久しい。原因の一つとされるのが、国際標準への乗り遅れだ。農業分野の国際標準化の促進を目指す組織に米国発祥の“AgGateway(アグゲートウェイ)”がある。

 農業関連メーカーや流通業者らが情報交換のために作ったプラットフォームで、世界的に組織を拡大しており、そのアジア版“AgGateway Asia”の設立イベントが4月半ばに都内で開かれた。現状の日本農業の「ガラパゴス化」への懸念と、国際標準の形成に日本が積極的に加わることへの期待の声が聞かれたので、紹介したい。

■将来への技術的負債を作っていないか

 「標準化への対応は、後からでもいいのではと考える方もいるでしょう。ですが、早くした方がメーカーにとっても楽です。後からほかのメーカーを追いかけるとなったとき、自分たちがそれまで作り上げたものが、技術的負債になるのです」

 AgGateway Asiaの会長として登壇した濱田安之さんは、60人を前にこう語った。念頭に置いているのは、農機メーカーや、スマート農業に関連する会社、農業の経営管理などの情報ツールを提供する会社など。こうした会社の多くは、日本国内をメインターゲットに製品を作っている。国内市場が縮小する中、標準化に対応できなければ危機に直面しかねないと、濱田さんは懸念を強めている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)