米朝、対話路線の裏で再び暗闘、弾道ミサイル泣き寝入り≠セが…

米朝、対話路線の裏で再び暗闘、弾道ミサイル泣き寝入り≠セが…

(myella/gettyimages)

北朝鮮が5月9日、短距離弾道ミサイル発射実験を強行したが、米国は国連安全保障理事会での制裁検討を断念した。トランプ大統領は事態をことさら矮小化、韓国は人道支援に踏み切る方針すら打ち出している。米韓の弱腰≠ノつけ込んだ挑発行為は今後も繰り返されようが、米国は抑制した対応の一方で、迎え撃つ構えもみせている。北朝鮮の密輸船≠差し押さえ、核、開発継続を示す証拠写真収集など監視、追跡を強化、米朝首脳会談再開をめぐる双方の暗闘≠ェすでに激化している。 

■再び発射の場合は安保理付託

 5月22日づけ東京新聞3面に、「米『再発射』看過せず」という見出しが躍った。

 米政府は、朝鮮が短距離弾道ミサイル発射を再び強行すれば、安保理での対応を求めるものの、5月9日の発射については、安保理討議を見送るという意向を日本や常任理事国に伝えていた、という内容だった。

 5月上旬の一連のミサイル発射については、すでに内外のメディアが詳細に報じている。

 1回目は5月4日。複数の飛翔体≠ェ発射され、射程70キロ〜240キロの通常の短距離ミサイルと断定された。

 短距離弾道ミサイルは5月9 日、北朝鮮北西部から発射された。やはり複数、それぞれ東方向に410キロ、270キロ飛行、日本海に落下。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)