李登輝が語る「天安門事件」が台湾の民主化に与えた影響

李登輝が語る「天安門事件」が台湾の民主化に与えた影響

中正紀念堂に展示された、戦車と「タンクマン」のモニュメント(写真:ロイター/アフロ)

天安門事件から30年を迎え、台湾や香港では大規模な追悼集会が開かれた。特に台湾は、言論の自由が保障されていることもあり、台北市内中心部の中正紀念堂で、戦車の前に立ちはだかった学生を模したモニュメントが展示されたほどである。

 中正紀念堂は、国民党とともに中国大陸から敗走してきた蒋介石の巨大な像が安置されている。

 蒋介石もまた、学生たちを弾圧した共産党政権と同じく、独裁体制や白色テロによって台湾人を弾圧した当事者だが、そこへ皮肉にも天安門事件の象徴のようなモニュメントが置けるほど、現在の台湾は言論の自由が保障された社会に生まれ変わったともいえる。中国政府による管理がいっそう強化された香港とは大きく異なる民主化の成熟度を見せつけたかのようだ。

 そしてこの場所は同時に、台湾の民主化の端緒となる出来事が起きた場所でもあった。

■「急進的な改革」を避けた李登輝

 奇しくも天安門事件の発生から9ヶ月後の1990年3月、台湾でもまた自由や民主化を求める学生運動が起きていた。

 当時の総統は李登輝。これまで何度も書いてきたが、88年に蒋経国が急逝して総統職を継いだものの、すぐに権力をふるうことなど不可能な環境だったといえる。周囲は李登輝を、つかの間の代打と捉えるか、あるいは形ばかりの「ロボット総統」に仕立てて背後からコントロールすればよいと考える者ばかりだったそうだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)